お昼12時はぎりぎり午前中!?

日本国内の民間のラジオ局の大部分が、ネットワーク組織に加盟していてラジオネットワークを形成しています。AMラジオはJRNとNRN、FMラジオはJFNとJFL、MegalopolisRadioNetworkとなります。

なお、NHK-FM・放送大学を除する全民放放送が参加している全国FM連合があります。

但し、JFLとMegaNet、全国FM連合は他にくらべ、放送網としての関係は密ではありません。

情報のやりとりや一部番組の販売、不定期での共同キャンペーンをおこなうだけとなります。

ラジオショッピング(Radio Shopping)は、ラジオ放送で放送されるショッピング番組です。通信販売の一つの形です。

日本では、民放ラジオ局のプログラム中に流されることや、独立した番組として流されるショッピング番組のことをいいます。

そんなラジオショッピングは、文化放送の関連会社により1973年(昭和43年)の放送が始まりです。

ラジオショッピングで購入したドライブレコーダー。本日、ついに届きました。配達時間を午前中にしていたので、朝早くから心待ちにしていましたが、ヤマトの配達のお兄さんが来たのがちょうど12時でした。

お昼12時ちょっと前でも午前中になりますね。代引きのお金を払って無事受け取りました。

開梱して中身をチェックしてから車に付けようともいます。朝一番で来てくれていたら、友達とランチに行こうと思っていたのに、お昼の時間も過ぎました。

ラジオリスナーの年齢層は?若い世代の人にはなじみが薄いのではないでしょうか。

男女でいうとラジオを聴いているのは半々ずつになります。年齢が上がるにつれて、ラジオを聴いている方も増えてきます。

また、都会の人より地方在住のリスナーが多いのも特徴です。
ラジオをよく聴いている方の割合では、上位には、沖縄県・岩手県・北海道など地方といわれる都道府県が並んでいます。地方住みでない都会の人には想像しにくいと思うんですが、ラジオを日常的に聞く人が一定数いるんですね。ラジオショッピングの特質としては、民放ラジオ局または関連企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)が行われるラジオショッピングは、商品構成にその局独自の色を出しているが、どの局もジャンルは手広く扱っています。

例として、パソコンやデジカメ、ヒーター、加湿器、エアコンなどの電化製品から貴金属やブランド牛肉・ふぐ刺しなどの食品、ついに、仏壇やトイレリフォームの取扱いもあったりします。
今やそんなラジオショッピングの多くはスポンサー通販が占めているんです。

スポンサー通販のなかでも、取扱い商品の専門的な傾向のある場合と、取扱い商品が総合的な傾向のある場合とがあります。

パートの休憩時間の話です。バイトのWさんがFM横浜のラジオショッピングでドライブレコーダーを注文したという話を聴きました。

実は私もFMはよく聴いていてこのドライブレコーダーを紹介していたのは知っていました。

買ってみようかな?って思ったことを思い出しました。私の車にも付けられるのか?がわかりませんでした。

Wさんの車にも簡単に付けることができた!ドライブレコーダーって良いですよっていっていたのを聞いて次にまたFMで聴いたときには買おうと思いました。年末年始は、海外で過ごすという人もいるのではありませんか?ハワイに行くのはごく普通になりましたが、やっぱり年末年始となると話はちがいます。

近頃はグアムにしても韓国にしても、日本語と簡単な英語だけでもなんと結構ます。それでもトラブルがあった時には、難しいですよね。そんな心配を解決するのが、ラジオ通販で紹介していた携帯翻理由機なんです。師走は、おせちの予約も終盤です。ラジオショッピングのコーナーでもおせちに特典なんかをつけて宣伝しています。我が家では例年ラジオ通販のおせちを注文します。

大きな会社のおせちは、さほど変わりはないと思いますよ。

だから、特典を付けてつけることで他とのちがいを出そうとしています。

あなたは「ラジオ広告」に、どんなイメージを持っていますか?ラジオを聞いたことがある人なら、ラジオで通販番組が放送されているのは知っていますよね。

AMやFMを問わず、番組の間にはスポンサーCMがテレビみたいにありますよね。

ラジオ広告にはそれ以外にも、商品紹介をラジオ番組として導入するタイプもあります。

ラジオ番組の司会者とそれ以外の出演者が、「今月のおすすめ商品は人気の○○」「美容の△△の悩みなら■■がいいですよ」など、商品紹介します。

時には広告主の企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)のその商品担当者も出演したりと、商品の魅力を引き出していきます。ラジオショッピングは昔から始まった通信販売の一つです。

主に商品の紹介は、そのラジオ番組のラジオパーソナリティにより行われます。

ラジオ通販ではおすすめ商品として短い時間紹介されます。

ラジオでの紹介者の言葉遣いや話し方によりその商品のイメージがわいてきます。
そのためラジオショッピングは、商品を確認して買いたい人には不向きです。
ですが、注文した人の中には、好きなパーソナリティが紹介していたので注文したという人もいます。我が家でもエアコンはめったにつけないのですが、さすがに今年の夏の暑さとなると、つけるしかないですよね。

しかし、エアコンを使うとどうしても電気代が気になります。
ラジオショッピングの説明によると、最新のエアコンは省エネでないといけないようで、電気代は1時間で約2円ほどなんですね。

ラジオショッピングでいっていたエアコンに買い替えしたくてたまりません。
ラジオショッピングをおこなう通販会社のメリットは、テレビショッピングと比較すると、聴取者も「直接は見ていないから思っていたものとちがうことはある」と納得しているためなのか、商品が届いて見たときに、「イメージしていたものとちがう」などというようなトラブルも少なくテレビショッピングより返品も大幅に少ないようです。
ラジオショッピングを放送する通販企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)も、テレビでの通販より比較的少ない予算でもできる値打ちがあることから、誰もが知っている大企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)や地方の中小企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)まで、スポンサー通販の企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)業態は多様です。
ラジオショッピングで購入したドライブレコーダー。本日、ついに届きました。

午前中の配達指定にしていたので、朝から心待ちにしていましたが、佐川急便の配達のお兄さんが来たのはお昼12時ちょっと前でした。

お昼12時ちょっと前でも午前中になりますね。
代引きのお金を払って無事受け取りました。
本日中に、早速、車に付けます♪ラジオショッピングは耳で聴いた情報だけなので、テレビの画像や印刷されたものとは違って、商品の姿を見ることができません。

その理由から、通販業者や商品製造元の信用力や評判を見ることがラジオ通販では必要です。

近頃はネット通販やテレビ通販で、どんなものでも買う人が増えてきています。
他に「ラジオ通販」もあります。前にラジオを聴いたのはいつだったか?という人もいるかもしれませんが、通販で買い物するのが好きな人なら、民放ラジオのラジオ通販という手もありますよ。

ラジオの通販では、ラジオを聞くだけですから、とても想像しやすく商品の使い心地を説明してくれます。以外にも、思いがけない商品が見つかることもあります。
自宅に居ながらサクッと注文ができるので、効率的に買い物ができます。

通信販売とは、店舗を持たない小売業態のことです。販売店舗ではなく、メディアをとおして商品やサービスを通信手段で注文を受けることです。近年のネット端末の普及で「通信販売」や「通販」といえば、ウェブホームページによるものをさすことがあります。通信販売業者には、無店舗業者だけでなく多種多様です。当初のラジオショッピングは、民放ラジオ局とそのグループ企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)により放送するラジオショッピングがほとんどでしたが、ラジオ業界の広告収入の減少により、今では、広告主による通販番組が増えています。ラジオショッピングというものは、ラジオ局またはそのグループ企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)が放送するものと番組のスポンサー企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)などが、自社製品販売のためのスポンサー通販に分けられます。快適生活ラジオショッピング!FM-802放送商品はコチラ