こんなのが欲しかった!ラジオショッピングの説明はわかりやすい!

ほぼ日本の民間ラジオ局は、ネットワーク組織に属していてAMラジオはJRNとNRN、FMラジオはJFNとJFL、MegaNetです。
なお、NHK-FM・放送大学を除する全民放放送が参加している全国FM連合があります。

ですが、JFLとMegaNet、全国FM連合は他の放送網と比べ、放送網としての関係は密ではありません。一部番組を販売することや、情報の交換、共同キャンペーンを不定期で実施しているだけとなります。

ラジオショッピング(Radio Shopping)は、ラジオの放送をとおして流されるショッピング番組で、通信販売の一つの形です。

日本国内では、民放ラジオ局のプログラム中に流されることや、別の番組として放送されるショッピング番組です。そんなラジオショッピングは、文化放送開発センター(文化放送の関連会社)が、昭和48年に初めて放送されました。通販会社がラジオショッピングを行なう利点は、テレビショッピングと比べ、聴取者も「直接は見ていないから思っていたものと違うことはある」と納得しているためなのか、商品をうけ取った時に、「頼んだ商品とちょっと違う」などというようなトラブルも少なく返品件数もテレビショッピングほども多くはないといわれています。
ラジオショッピングを放送する通販企業も、テレビ放送と比べると少ない予算で行える長所があることから、大企業を初め地方の中小企業まで、参入する企業業態は色々なのです。ラジオショッピングは耳で聴いた情報だけですので、印刷物やテレビとは違うので、実物の商品をイメージが確認できません。なので、通販会社や商品のメーカーの評判や信頼性もラジオショッピングを利用するときの注意点です。最近ではインターネット通販やテレビの通販で、多種イロイロな商品を購入している人が少なくありません。

また他にも「ラジオ通販」があるのをご存知ですか?ラジオを聴くのはドライブの時だけかも知れませんが、通販好きな人なら、ラジオショッピングもおすすめです。

ラジオ通販の場合、商品紹介を耳で聴くだけですから、とても分かりやすくその商品を手に取るようにわかります。

思ってもいなかった商品に魅力を感じることもあります。

家事をしながらの隙間時間などでお買い物ができるので、時間を有効に使う事ができます。ラジオ通販は昔から流れている通信販売の方法です。商品紹介の多くは、ラジオパーソナリティです。ラジオ通販での紹介時間は短いことが多いです。
商品紹介者の話し方などによって商品の印象が左右されてしまうこともあります。なのでラジオショッピングでは、実際に紹介商品を見て購入したいのならあまり向いていないのではないでしょうか。

とはいえ利用者の中には、ラジオパーソナリティに親しみを感じているとその商品にも親しみを感じるようです。

年末年始の期間を海外で過ごす方も多いと思います。

昔と比べ海外旅行は安くなったとはいえ、やはり年末年始は高いですよね。ハワイに行っても韓国にしても、日本語と簡単な英語だけでもなんとまあまあます。

とはいえ、やっぱり細かい事などは、伝えるのは難しいものです。

そのような悩みを解決してくれるのが、ラジオショッピングの携帯翻りゆう機です。通信販売とは、無店舗販売で小売りを行なうことです。

販売店舗ではなく、メディアを利用して物品を通信手段で注文をうけることです。

今ではネット端末の普及にともない通信販売といえば、多くはウェブホームページでのことを指すことがあります。
今の通販業者は、実店舗を持たない業者だけでなく種々雑多です。

12月になると、おせちの予約も終盤です。
ラジオ番組の宣伝でもおせち料理の予約をせかされますね。(笑)我が家では例年ラジオ通販で紹介されたおせちをネットで注文します。大きな会社のおせちは、ちょっと洒落たものが入ってますね。

そういう理由からか、特典なんかをつけて他社との区別をしようとしています。
うちではあまりエアコンを使いませんが、気温・湿度とも高い日となると、つけざるを得ません。

ただ、エアコンの電気代が高いのが心配です。

ラジオで聴いたのですが、今のエアコンは省エネにしないと売れないそうで、1時間つけっぱなしで電気代は2円ほどなんです。ラジオショッピングにエアコンにさっそく買い替えしました。

ラジオショッピングの特徴として、民放のラジオ局やグループ企業がオンエアーされるラジオショッピングは、紹介する商品にはその局ならではの特徴があるが、どの局もジャンルは手広く扱っています。事例としては、デジタルカメラやPC、加湿器取り付けを含むエアコンなどの電化製品から高級時計、ジュェリー、衣料品、松葉ガニやブランド牛肉などの食品、ついに、仏壇やトイレリフォームの取扱いもあったりします。そんなラジオショッピングの多くはスポンサー通販が占めています。スポンサー通販でも、家電専門的傾向のある場合と、美容・健康関連品・生活雑貨などが主体の場合とがあります。
ラジオ広告に対して、どんなイメージを持っていますか?普段ラジオよく聞いている人なら、ラジオ広告が流れているのを聞いたことがあるでしょう。民放のAMやFMでは、番組を聴いているとその合間にはテレビみたいにコマーシャルが入りますよね。
それとは別にラジオ広告には、商品紹介をラジオ番組として導入するタイプもあります。

番組の司会者を初め出演者が、「今、話題の商品は○○」「健康の■■の悩みなら、◎◎は知っていますか?」のように商品を紹介しています。

あるときは、広告主企業の担当者へのインタビューも交えて、商品の魅力を引き出していきます。

初めの頃のラジオショッピングは、ラジオ局またはグループ企業により流されるラジオショッピングがほとんどでしたが、2006年以降は業界の広告収入の減少のため、近年においては、いわゆる「スポンサー通販」が多くなってきています。ラジオショッピングには、ラジオ局自体あるいはそのグループ企業が放送するものと外部の広告主の企業などによって、スポンサー通販といわれる外部の通販会社による商品販売に分かれます。はぴねすくらぶ ラジオ 新潟放送