ラジオリスナーは地方に多い

通信販売という業態は、小売業態の内の無店舗販売の一つです。実際の店舗ではなく、媒体を利用して商品やサービスを通信手段で注文を受けることです。
ネット端末の普及によって「通信販売」や「通販」といえば、多くはウェブサイトでのことを指すことがあります。

今の通販業者は、無店舗業者だけでなく多種多様です。ラジオっていったい誰が聴いているの?ラジオというと会社勤めに人にはあまりなじみがないですよね。

男女の比率では、おおよそ半々となります。

50代・60代・70代以上と年齢が上がるほど、ラジオを聴いている方も増えてきます。

また、地方に暮らしている人が多いのもラジオの特徴です。
ラジオを聞く習慣のある人の割合では、東北や九州などの地方の都道府県は高くなります。

都市部の若い人や中年世代の人からは想像しにくいだと言えますが、日常的にラジオを聞く層が今も存在しています。

12月になると、せちの予約は終盤に入ります。

ラジオの通販コーナーでもおせちに特典なんかをつけて宣伝しています。私の家では毎年ラジオショッピングのおせちを予約しています。
人気とされているおせちは、中身もあまり変わりません。

もしかすると、特典を付けて差別化を図っています。

ラジオショッピング開始当初は、民放ラジオ局とそのグループ企業により放送するラジオショッピングが主でした。ラジオ業界の広告収入の減少により、現在はスポンサー通販が増えてきています。

ラジオショッピングというものは、民放ラジオ局自体かそのグループ企業が放送するものと外部の通販会社などが、スポンサー通販といわれる外部の通販会社による商品販売に分かれます。ラジオショッピングの特性は、ラジオ局自身またはグループ企業によって放送するラジオショッピングは、商品構成にその局独自の色を出しているが、どの局もジャンルは手広く扱っています。
事例として、PCやデジカメ、エアコン、空気清浄機など大小の電化製品から、ジュエリー、高級時計、衣料品や食品、ついに、仏壇やお手洗いリフォームの取扱いもあったりします。

そんなラジオショッピングの多くはスポンサー通販が占めています。スポンサー通販といっても、ジャパネットたかたのように電化製品の専門的傾向のところと、美容・健康関連品が主体のところがあります。ラジオショッピングは耳で聴いた情報だけなので、TV通販の映像やカタログなどの印刷物と異なり、実物の商品をイメージが確認できません。
その理由から、通販業者や商品製造元の信用力や評判がラジオショッピングを選ぶポイントです。

年末年始は、ハワイで過ごす人も多いのではないだと言えますか?ハワイに行くのは国内旅行のように気軽に行けますが、繁忙期は高いです。

ハワイに行っても韓国にしても、日本語と簡単な英語だけでもなんとすさまじくます。とは言え、やっぱり細かい事などは、難しいですよね。

そんな心配を解決するのが、ラジオショッピングでも人気の携帯翻ワケ機です。

「ラジオ広告」と聞いて、どうイメージしますか?普段ラジオよく聞いている人なら、ラジオ通販をやっていたということもあるだと言えます。午前やFMとも民放なら、番組の合間にテレビと同様にCMが流れていますよね。それ以外にラジオ広告にはもう1種類、番組として商品を紹介するパターンもあります。ラジオ番組の司会者とそれ以外の出演者が、「今年の人気の商品は○○」「運動不足解消には■■が人気ですよ。」などと紹介しています。広告主企業の開発担当者へのインタビューもあったりと、番組リスナーに商品の魅力を訴えます。

ラジオショッピング(Radio Shopping)は、ラジオ放送で放送されるショッピング番組のことで、通信販売の一つの形です。日本においては、民放ラジオ局のプログラム中に流されることや、独立した番組として流されるショッピング番組のことをいいます。そんなラジオショッピングは、文化放送開発中心によって、昭和48年に始めて放送されました。

ラジオショッピングをおこなう通販会社の利点は、テレビショッピングと比較すると、リスナーにすると「視覚で商品をみていないので、ある程度は違ったりすることもある」と承知しているためか、商品が届いた時に、「思っていたものとちがう」のようなトラブルは最小限でテレビショッピングより返品に至ることは少ないといわれています。

ラジオショッピングを放送する通販企業も、テレビ放送と比べると少ない予算でおこなえるメリットがあることから大企業から中小企業まで様々な規模の企業が参入しています。
日本の民間ラジオ局の大抵は、ネットワーク組織に加盟していてラジオネットワークが構成されています。
午前ラジオは、ジャパン・ラジオ・ネットワークと全国ラジオネットワーク、FMラジオは全国FM放送協議会とジャパン・エフエム・リーグ、メガネットです。さらに、NHK-FM放送と放送大学以外の(NHK-FM放送及び放送大学は除く)とは言え、全国FM連合、JFLとMegaNetに関しては、放送網としての関係は密な関係ではありません。一部番組を販売することや、情報の交換、共同キャンペーンを不定期で実施しているだけとなります。ラジオショッピングは昭和からラジオでしている通信販売の方法です。

商品を紹介する多くは、ラジオパーソナリティです。
比較的短い時間に商品が紹介されます。ラジオパーソナリティの言葉や話し方によってその商品のイメージがわいてきます。なのでラジオ通販は商品を見てから購入したいというなら、テレビショッピングの方がいいです。
とは言え利用者の中には、ラジオパーソナリティなどが商品の紹介をおこなうことによって親しみやすさなどを感じる方もいます。

我が家ではめったにエアコンはつけませんが、やはり気温が37度を超える日ともなると、つけざるを得ません。

しかし、エアコンを使うとどうしても電気代が気になります。
ラジオショッピングで紹介していたエアコンは、近頃のエアコンは省エネがあたりまえのようで、1時間つけっぱなしで電気代は2円ほどなんです。ラジオショッピングで紹介していたエアコンにさっそく買い替えしました。今日ではネットの通販やテレビの通販で、多種さまざまな商品を購入している人が少なくありません。

しかし、これらの他にも「ラジオ通販」も人気なんです。

前にラジオを聴いたのはいつだったか?という人もいるかもしれませんが、通販で商品を買うのが好きな人は一度、ラジオ通販の利用もいいですね。ラジオの通販では、ラジオを聞くだけですから、とても分かりやすくその商品を手に取るようにわかります。テレビ通販より商品の想像力がはたらきます。

シゴトや家事の合間などの時間に、サクッと注文できるので、時間を有効に使うことが出来るのです。